SANGO

SANGO いごごちのいい家を作る幸夢店

三五工務店 提案型住宅 提案型住宅

35 STORY

三五工務店の想い、取り組み、いごこちのいい暮らしへのヒントを発信しています。

Category /
ALL
家語
暮らしのカタチ
カラマツ宣言
三五な人
提案型住宅

提案型住宅

2017.06.01

teian-ph01

モデルハウスの建築を通して、新しい住まいを提案する
三五工務店の新たな挑戦「提案型住宅」

三五工務店では、毎年数棟ですがいわゆる「建売住宅」を手掛けていました。とはいえそれは、あまり積極的なものではありませんでした。私たちは、お客様との対話の中から最良の住まいのかたちを導き出し、一緒につくっていくことを何よりも大事にしています。その点で、私たちはジレンマを抱え、もどかしい思いをしていました。

「建売住宅」の購入を検討されるお客様の中には、住宅を「つくるもの」ではなく「買うもの」と考えている方々が多いように思われます。さらにいえば、その検討基準は主に「立地」と「価格」になります。立地はともかく「他社との価格競争を理由に、本来あるべき住宅の性能をおろそかにはしない」というのが三五イズム。ですが、そのことをお客様にお伝えする前に、お客様にとっての大きな基準である「価格」で他社と比べられ、候補から外れてしまうことが多かったのです。
だからといって、性能を維持しつつ価格を抑えようとすると、まず見た目に関わる仕上げのクオリティを落とすことになります。三五工務店のこだわる道産材や自然素材、オリジナルの造作は諦めざるをえません。またプランも、全体に個性的なつくりにすることが難しくなります。ごく一般的な仕上げ材や既製品を取り入れた、三五らしさの感じられない住宅に、当社の注文住宅のイメージを想い描き「あんな感じでこの価格。この場所で!」と夢を膨らませたお客様は、とてもがっかりされたのではないかと心苦しく思います。

提案型住宅

そこから、当社にとっての建売住宅の在り方について、試行錯誤が始まりました。

価格競争の荒波に漕ぎ出そうか…
建築家とコラボしたデザイナーズ住宅をつくろうか…

たどり着いた結論は、「三五工務店らしい建売住宅をつくること」。
その決意と想いをぎっしりと詰め込んで生まれたのが「提案型住宅」です。

本社のすぐ近くに建築したモデルハウス〈 Kita35 〉は、三五工務店の「提案型住宅」第3弾です。北海道で培われた技術で高い住宅性能を実現するとともに、住まう人のイマジネーションを心地よく刺激する素材選び、空間構成にこだわりました。
壁の断熱材は高性能のグラスウールを350mm厚で充填。サッシは、こだわりの木製4重サッシを手がけるキマド社製を一部に採用して、Q値(熱損失係数)0.65W/㎡Kという高い住宅性能を実現しています。インテリアも、個性ある専門企業とタイアップすることで、よりクオリティの高い仕様に仕上げました。

将来を見据えた家づくりの工夫やアイデアを凝縮した三五工務店の「提案型住宅」。
私たちの新たな挑戦にもご期待ください。