SANGO

SANGO いごごちのいい家を作る幸夢店

三五工務店 三五な人 工事部 大工棟梁 舘又 智也

35 STORY

三五工務店の想い、取り組み、いごこちのいい暮らしへのヒントを発信しています。

Category /
ALL
家語
暮らしのカタチ[施工事例]
カラマツ宣言
三五な人
提案型住宅

三五な人

2017.08.18
工事部 大工棟梁 舘又 智也

工事部 大工棟梁
舘又 智也

大工は何年経っても勉強。
経験豊富な先輩に学び、技術に磨きをかけています。

三五の家を知ってもらうには、つくっている人を知ってもらうがいちばん!
このページでは各自がじっくりと語りますが、一つだけルールを設けました。
趣味を聞かれても「家づくり」とは答えないように、と。
なぜって、みんなそう答えてしまいそうな、家づくり大好き人間ばかりなんです。

▼ 仕事のこと

──まず、舘又さんのお仕事について教えてください。

入社8年目となった今は、現場の責任者をやっています。チームは僕を含めて3人。70代の超ベテラン大工さんと若手が1人です。いつも心がけているのは「現場もきれいに、仕事もきれいに」ということ。仕上がりをきれいにするのは当たり前ですが、そのためには現場を常にきれいにすることも大切なんです。雑然としていれば事故にもつながりかねませんので。外を竹ぼうきで掃いたり、仮設トイレも毎日掃除して、気持ちのいい環境で働くようにしています。

──お客様と接することも?

ありますね。着工前にお会いすることもありますし、建設中にいらっしゃれば、中に入っていただいてご案内します。そういえば、つい最近完成したお住まいで、お客様自身の企画による「引き渡し式」にお招きいただきました。初めての経験でしたが、とてもうれしかったですね。

▼ 三五のこと

──三五工務店に入社した経緯を教えてください。

父親が工務店を営んでいたこともあり、小学生のころから建築の仕事に漠然と興味をもっていましたが、高校時代には体育の先生になりたいとも思ったり(笑)。でも結局、大工の職業訓練校に進みました。その際、インターンシップでお世話になったのが三五工務店だったんです。という流れで、あまり深く考えずに入社させてもらいましたが、今ではこの会社に出会えて本当によかったなと感じています。

──特にどんな点が?

世の中には正社員の大工はまだまだ少ない状況です。僕は正社員としてここで働くことにより、雇用面の不安などを抱かず、経験豊富な先輩方に学びながら、全力で現場作業に向き合うことができています。これは僕にとってはもちろん、お客様にとっても大きなメリットではないでしょうか。また、弊社では性能面やデザイン面でもレベルの高いことをやっていますので、多様な技術を身につけられるのも魅力です。大工は何年経っても勉強ですので。

▼ 自分のこと

──休日は何をしているんですか?

5歳と3歳の子どもがいるので、できるだけ一緒に遊んであげたいと思っています。暖かい季節は家族で海にキャンプに行ったり。とにかくアウトドアが好きですね。

──キャンプ飯にも力を入れたりして?

キャンプは普通にバーベキューみたいな感じですけど、家ではけっこういろいろ作りますよ。日曜日は料理当番なんです。先日はスペイン料理のお店で食べたパエリアを見よう見まねで作ってみたり。これが旨かった(笑)。買ってきた魚を捌いて、寿司を握ることもあります。それと、実はこれから自分の家を建てるんですが、地鎮祭のお供え物に1匹丸々の鯛があったので、それを鯛飯にしたり。住宅も料理も、作ることが好きみたいです(笑)