SANGO

SANGO いごごちのいい家を作る幸夢店

三五工務店 社長あいさつ

三五工務店のこと

社長あいさつ

ごあいさつ 私たちは「いごごちのいい家」をつくる幸夢店です。 株式会社三五工務店 代表取締役 田中 寿広
ごあいさつ
ごあいさつ

私はお会いする方々に「三五工務店は三五”幸夢店”です」とお話させて頂いています。

それは私たちが、お客様が思い描く「いごこちのいい暮らし」づくりを常に心がけているからです。「いごこちのいい暮らし」に決まったかたちはありません。ご家族によって、ふさわしいライフスタイルはさまざまです。

それを実現するためには、ご家族のことをよりよく知ることが大切です。家の性能も、デザインも、安全性も、すべてが高い水準をクリアした上で、ご家族にふさわしい暮らしの提案ができてはじめて、お客様の想いをかたちにできると考えています。

高い技能を持ったチーム35がお客様の想いをかたちに
高い技能を持ったチーム35が
お客様の想いをかたちに

「いごこちのいい暮らし」を実現するためには、技術者が直接お客様の要望や想いを伺うことが不可欠だと考えます。それが三五工務店に営業マンがいない理由です。お客様とお会いするスタッフのほとんどが、一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士などプロフェッショナルな技能を持つ技術者の集団。設計スタッフ、リフォームスタッフ、工事スタッフ、さらにはご協力頂いている取引先を含めた仲間「チーム35」が、お客様の想いを叶えるいごこちのいい暮らしづくりに取り組んでいます。

60周年に向け、さらなる進化を
60周年に向け、さらなる進化を

三五工務店は平成30年に創業60周年を迎えます。皆様の日頃からのご愛顧に感謝するとともに、これからもお客様への恒久的なサポートを実現するために、企業としてさらに進化していくことが大切と考えています。単に北海道の材料を使った家づくりをするだけでなく、地元の職人の技術を育んで継承していくことなど、地場の工務店としての使命を見据えて常にチャレンジを続けていきます。

夢と幸せを広げていく、その中心となる幸夢店へ
夢と幸せを広げていく、
その中心となる幸夢店へ

家づくりは、地域社会のインフラを整備することでもあります。「いごこちのいい暮らし」をご提供し、恒久的にサポートすることで、お客様の幸せな暮らしのお手伝いをしたい。さらにその活動を通して、私たちと関わる取引先の皆様や地域の皆様にも幸せになって頂きたい。そして、皆様の笑顔を見て、私たちスタッフも幸せな気持ちを感じられる。そのような幸せを構築していく、三五工務店から幸せの輪が広がっていくような、そんな幸夢店を目指し続けています。