SANGO

SANGO いごごちのいい家を作る幸夢店

三五工務店 提案型住宅kita35|モデルハウス

モデルハウス

提案型住宅モデルハウス 「kita35」

スタイルのある暮らしを楽しむ家族を想定して設計された、モデルハウス「kita35」。
確かな住宅性能に加え、住まう人のイマジネーションを心地よく刺激する素材選びや空間構成にこだわりました。
価格と性能と価値のバランスが取れた次世代の住宅です。

kita35の特徴

美しさを追求したスタイリッシュ空間

外観は、直線的なフォルムと、床面から空に向かって伸びる大開口が目をひくデザイン。室内に足を踏み入れると、開放感あふれる吹き抜けが広がります。ダイニングはスキップフロアでリビングとつなぎ、緩やかにゾーニングしました。タモ材で質感を統一したキッチンのシンク、コンロまわりは、クリナップとの協働で実現した当社のオリジナル仕様。2階には、窓越しに屋上の緑を望むホテル仕様の水まわりを配しました。温かみの中にあるスタイリッシュな非日常感が、五感を心地よく刺激して、お客様の暮らしをさらに楽しく演出します。

素材も技術も、「北海道」にこだわる

北海道で培われた素材や技術を生かしたモノづくりの魅力を発信するのも、地場工務店である私たちの使命だと考えています。そこで「kita35」では、さらなる地材地消を実践。床板は下川町産タモ無垢材、外壁材は同じく下川町産のカラマツ、室内の塗り壁部分のすべてを仁木町産のゼオライトで仕上げるなど、空間を構成する素材の多くに北海道産を用いました。また造作家具も積極的にプランに採り入れ、地元の職人さんたちの技術を最大限に生かしたのも大きな特徴です。

木製4重サッシで、さらに住宅性能アップ

三五工務店の家は、標準でもQ値1.0(W/㎡K)をクリアする確かな住宅性能を実現していますが、「kita35」ではさらなる住宅性能の向上を目指し、350ミリ断熱、及びKIMADO製木製4重サッシ「クワトロ0.51」を共同開発し、採用しました。その結果、Q値は当社の標準を大きく下回る0.65を計測。これにより、大きな窓で開放感あふれる空間と、一年を通して快適な温熱環境の両立を実現しました。

見学方法

バーチャルモデルハウスにて、公開中です。