Recruit
採用情報

Person
先輩社員紹介

先輩社員紹介

工事部 阿部 悠佑
2020年新卒入社/星槎道都大学美術学部建築学科卒業

この仕事を選んだきっかけ

父が大工だったため、子どもの頃からよく日曜大工を手伝っていました。それがとても楽しく、そこからものづくりが大好きになりました。進路を決める時に「ものづくりを仕事にしたい」と思い、高校は大工を目指して建築学科を選択しました。そこで先生に現場監督の方が向いているのではないかと助言をいただき、より深く建築を学ぶために大学進学を決めました。大学入学後は勉強も遊びも全力で取り組み、友達とずっと建築の話をしたり、実際にいろいろな建築物を見に出かけたりしました。卒業旅行は福岡と広島へ行って建築物を見てまわる計画をしていたのですが新型コロナウイルスの影響でいけなくなってしまって。落ち着いたらぜひリベンジしたいです!

三五工務店を志望した理由

住宅をつくりたいというところから絞って三五工務店のホームページを見つけました。最初は木と素材の使い方が目を惹いてかっこいいなと住宅の見た目から入りました。もっと三五工務店のことを知りたくてインターンシップに2回参加し、設計体験や現場見学をさせてもらいました。社員の方とコミュニケーションを取る中で、他の会社に比べ人数が少ないため個人の能力が活かせる会社だと感じました。何より社内の雰囲気が良くこんな職場で働いてみたいと思い志望しました。実際に入社してみると良い意味で自由でしたね(笑)。ガチガチに決まりがあり、こうしなければいけないというつくり方ではないところが大変なところでもあり、良さでもあります。お施主様の要望に応えることができる自由な発想・柔軟な考えがより良い暮らしづくりにつながっているのではないかと思います。

入社1年目を振り返って

新卒で入社し、最初は何が分かっていないのか、何を疑問を感じているのかが自分でも分かりませんでした。設計者も現場監督も現場の知識がなければ務まらないため、まずは現場を理解することから始まりました。最初の半年間は、材料・大工用語・納まりが分からず苦労の日々。今はそれらを理解したうえで、自分は次に何をやらなければならないのか、ここの納まりはどうしたらいいかなどを考えられるようになってきたので、次はもっとてきぱきと動けるようになりたいです。

将来の夢

一級建築士と一級施工管理技士を取得することです。3年後は自分で現場を担当し、聞かれる前に仕事ができるように先読みする力をつけたいです。作業スピードを上げ、なおかつ的確に行うことでもっと会社に貢献したいですし、自分のプライベートな時間を今まで以上に大切にしたいです。

志望する方へメッセージ

どの仕事もそうだと思いますが、覚えるまでは苦労の連続。それが半年くらい続くと思います。しんどくてもそこを乗り越えていくことで、最初は感じなかった自分の成長を確実に感じることができるはずです。もちろん僕もまだまだ成長途中です。同じ仲間として一緒に成長していきましょう!