SANGO

SANGO 60th いごごちのいい家を作る幸夢店

三五工務店 技術

家づくり

技術

基本を大事にしながらも、新しい技術も積極的に取り入れ、常に技術面の向上を図っています。
お客様により良い住まいを提供していきたいという想いこそが、私たちが技術にこだわる理由です。

進化しつづけること

進化しつづけること

1980年代から欧米の先進事例を視察するとともに、良質な家づくりのための技術開発団体「(一社)新木造住宅技術研究協議会」への参加などを通じて、積極的に技術革新に取り組んできました。今後も国内外に広くアンテナを張り、新たな知見を取り入れながら、私たちの家は進化しつづけます。

自社大工に未来を託して

自社大工に未来を託して

少子高齢化が進み、大工志望の若者が減少するなか、少しでも安心して働いてもらうために、2009年からは自社で大工を雇用しています。これによって1棟1棟の工事の安定化を図るのみならず、熟練の職人から若手へと手作業の技術を継承していくことは、今後の建築業界全般にとっても重要なことだと考えています。

設計・施工の連携力

設計・施工の連携力

お客様のご要望に臨機応変にお応えしながら理想の家づくりを進めることができるよう、自社内に設計から施工までの一貫した体制を整えています。また、設計・施工の専門スタッフがフィードバックしあうことで多様な課題を早期に解決し、常に技術力の向上に努めています。

基本と確認を大切に

基本と確認を大切に

個々の素材は適正に使ってこそ、その価値が最大限に発揮されるもの。だからこそ、新しい技術だけではなく、基本にも忠実な施工を大切にしています。素材と技術を掛け合わせて生まれる「性能」については、断熱・気密の社内検査を1棟ごとに実施して確認しており、検査項目も常にバージョンアップさせています。