Works
暮らしのレポート

2022.10.18

暮らしやすさが、暮らしを楽しむ余裕につながる

札幌手稲区・Mさん

三五工務店の住宅の集大成「35 STANDARD HOUSE」。
企画型の住宅として、誰にとっても暮らしやすい間取り、高い断熱性能、道産材を
贅沢に取り入れたシンプルなデザインを実現。
ご家庭ごとの理想や条件に合わせられるよう、さまざまなタイプをご用意しています。

その1つであるFlecoの特徴は、コンパクトな土地に合わせられるバリエーションと、
ライフステージの変化にフレキシブルに対応できる間取り。
効率良く楽しい暮らしが待っています。

手稲山が見える静かな住宅地でゆったり暮らすMさんご夫婦に、
Fleco(30.0sタイプ)での日々について伺いました。

木への興味から辿り着いた家

木に興味を持ったことが、家を建てたいと思うようになったきっかけです。
仕事でカラマツの植林地へ入ることがあり、
次第に「地元の木材を使った家に住みたい」と思うようになりました。
そんなときに偶然、コーヒーのお店に置いてあった「35MAGAZINE」で三五さんの木へのこだわりを知り、
その後すぐにモデルハウスを見に行きました。

Flecoに決めたのは、見つかった土地や予算と合うことのほかに、
モデルハウスを見て「これだ」と思ったことが大きいです。
長年暮らす場所なので、飽きがこないシンプルなデザインにしたいと思っており、
Flecoを初めて見たとき、まさにそういう家だと感じました。
もともとの希望だった道産材を贅沢に使っていることはもちろん、家事の動線がコンパクトな間取りや、
木材をエントランス側の全面に使った外観もとても気に入っています。

好きだったことがもっと好きになった

アウトドアが好きなので、Flecoのバリエーションの中では、
1階に広い土間があるタイプと少し迷いましたが、最終的に今のリビングが広いタイプを選びました。
選んだ方の間取りでも自転車を入れられるくらい玄関が広いし、
リビングに吹き抜けがあるというのもポイントが高かったです。
吹き抜けからは、1階の窓のブラインドを下ろしていても問題ないくらい光が差し込みます。
床に寝転がって、板張りの天井を眺めるのも気分が良いです。

リビング奥のスペースは、仕切って小部屋にすることもできると言われましたが、
開放感がある今の状態が気に入っています。
目線が遮られない空間が心地良いので、ペンダントライトを吊るさずに、
天井に埋め込まれたダウンライトだけにして正解でした。
家を建てている途中の基礎工事の段階で見に来たときに「狭い」と感じたのが不思議なくらい、
実際に住んでみると空間的な余裕があります。

キッチンスペースにも余裕があるので、夫婦で並んで料理をすることが増えました。
シンクや壁側の棚の高さを上げ、キッチンのIHコンロを2口から3口のものに変更し、
外気で冷やせる食品庫を追加するなど、希望に合わせてもらったこともあり、とても使い勝手が良いです。
キッチンの床も無垢材なので、傷つくのが心配でしたが、実際に住み始めてみたら問題ありませんでした。
むしろ木の床は、冬でも裸足で大丈夫なくらい暖かく、感触が心地良いなど、メリットばかりです。

キッチンとリビングの間には“酒棚”を造作してもらって、旅先で毎回買うお酒を並べたり、
以前はキャンプに行ったときだけの楽しみだった燻製を自宅のスモーカーで作るようになったりと、
もともと好きだったお酒や食事の時間がさらに楽しめるようになったと感じています。

2階の吹き抜けのフリースペースにはカウンターを追加してもらいました。
休みの日など、ここに座って、正面の手稲山の紅葉や花火大会、近所の桜を眺めながら本を読んだりしています。
この階には寝室と、ピアノや趣味のものを置いている部屋のほかに、
共有できるウォークインクローゼットがあるので、どちらの部屋もすっきりと片付けることができて、
誰かが泊まりに来ても困ることはありません。

家というものへの意識が変わった

この家は木材で囲まれていて、気持ちが落ち着きます。
洗面所のドア、カウンターの腰壁、テレビ台など、私たちの希望で木製にしてもらったところも含め、
年月が経つごとに風合いが変わっていくのが楽しみです。

自分たちの好きな空間が出来上がって、家へ帰るのが楽しくなりました。
今は飲み会があってもすぐに帰りたくなるし、家で飲んでいる方が楽しいと感じます。
家というものに対する意識が、それまでの「ただ暮らせればいい場所」から、
「楽しく過ごすための場所」に変わったのだと思います。
家を建てる過程やインテリアを選ぶ中で、
夫婦の好みが合うことを再認識できたのも良かったです。

リビングの窓は、そこから直接外へ出られるように変えてもらったので、
そのうち家の前でバーベキューをしたり、友人たちを呼んでご飯を食べたりしたいと思っています。
室内に余裕があるので柴犬を飼うのも良いし、2階の1部屋をお酒を飲むための部屋や音楽を聴くための部屋に
するのも楽しそうなど、この家で住み始めてから、やってみたいことが湧き上がってきています。