Works
暮らしのレポート

2021.06.09

「木のぬくもりに包まれ、炎を見てくつろぐ」自然の原点に戻る家

札幌市 G様邸

北海道が大好きだというG様のご要望は
道産材をふんだんに使った空間に、薪ストーブと札幌軟石を取り入れることでした。

そこで開放的な吹抜のもと薪ストーブの足元に札幌軟石を敷き詰めた自慢のコラボスペースを実現。
リビングから見える階段手すりをアイアンにすることで薪ストーブと統一感ある空間にしました。
薪は自らご主人が割り、庭やエントランス近くに積み上げることで外観の表情を豊かにしています。
シンプルな切妻屋根に薪ストーブの煙突がアクセントになっており、
こちらも家を建てるなら三角屋根(無落雪タイプ)で煙突のある家がいいというご主人の想いがそのまま形になりました。

キッチンとダイニングテーブルは使いやすい直線レイアウト。
ダイニングテーブルの後ろに設けたデスクカウンターはお絵かきや宿題にちょうどよく、
自然と家族が集まる空間になりました。