Works
暮らしのレポート

2021.03.01

小さいことが魅力の質感の良い平屋

北広島市・Wさん

道産カラマツの風合いを生かしたWさん宅は、小さく建てて素材にとことんこだわった愛らしい平屋です。

Wさんは、弊社設計室のスタッフ。三五工務店の社員の家だけに、片流れの天井にはラワン材を張り、床は下川町のナラ材、構造材も道産材を使用するなど、木の温もりにあふれています。

設計はWさん自ら行い、コの字型の動線を中心に水まわりと収納を集約し、上部を畳敷きのロフトにした遊び心あるつくりに。

空間のメインとなるキッチンは完全オリジナル。背面カウンターとダイニングテーブルには、キズや熱に強くマットな質感が特徴的なフェニックス材を使用し、上質な空間を演出しています。

長い年月をかけ植樹することを前提に建てられた敷地内で、これから緑豊かな暮らしになっていくのが楽しみです。