SANGO

SANGO いごごちのいい家を作る幸夢店

三五工務店 『sococo』のそこんとこ

ブログ

2017.06.11 『sococo』のそこんとこ

全部で4種類ある企画型住宅の中で末っ子の【sococo】
大きさは一番小さくコンパクト
その結果、価格も一番コンパクト

軽自動車が駐車場で駐車しやすいのと同じように
コンパクトな敷地でも配置しやすい建物です。
その上 8つの基本パターンがあり、西と東を反転したりできちゃうものですから
敷地に建物を配置しながら なんて出来のいい子なのかしら⁉
と思うこと度々・・・。

そんなsococo、コンパクトな土地に建てていただくのはもちろん、
60坪~70坪という広い敷地に建てていただくケースもあります。

敷地が十分大きいのに、他のシリーズではなくsococoを選んでいただく理由
1、敷地をいっぱい活用したい!
車を3台駐車したい、車2台を駐車して更に広いお庭やBBQスペースが欲しい、
等、敷地に設けいたいものが多かったり、あれこれお庭で楽しみたい方は
相当大きな敷地が必要になります。
そんな時、コンパクトなsococoなら 郊外の住宅地に見られるちょっと大きめな土地があれば
全部、手に入るんです!(※敷地の形状や方位にもよりますが)

2、将来を考えるとそんなに大きな家は必要ないかも⁉
今現在、4人家族でお子様にそれぞれ子供部屋が必要で、来客用に予備室が欲しい。
でも、将来お子様たちがいなくなり、ご夫婦二人になることを考えると
大きな家が必要なのはあと数年、その後、スペースを持て余してしまうので
sococoぐらいが ちょうどいい

3、光熱費を抑えたい
同じ熱性能を持つ家ならば 体積が多い大きなお家より、体積が少ないコンパクトなお家の方が
冬場の暖房費など、温める量が少なくて済む分、光熱費を抑えることができます。
【HOUSE OF THE YEAR IN ENERGY】も受賞しております。

大きな敷地があるのにコンパクトなsococoを選んでいただく主な理由はこの3つのようです。
当初sococoを造る時、駅徒歩圏の小さめの土地に建てられる企画型住宅が欲しい
という多くのご要望をいただき、
コンパクトの中にもご家族が暮らしやすいスペースと部屋数を確保し、
ご家族によって違う生活スタイルをどう生かすか を考え豊富なプランを揃えたsococoですが
その工夫が 多くのご家族に受け入られ、駅徒歩圏から郊外まで
そこここ に建てていただいております。
設計した室長の田中も そこここに とニンマリです(^^)