SANGO

MENU

SANGO 60th いごごちのいい家を作る幸夢店

MENU
三五工務店 設計室吹抜sococo つくっちゃいました。 吹抜けsococo つくっちゃいました。

ブログ

設計室

2018.05.06 設計室 吹抜sococo つくっちゃいました。 吹抜けsococo つくっちゃいました。

吹抜けsococo
今回の内装 去年のモデルハウスとは だいぶ雰囲気が違います

まず 床について
玄関ホールとリビングは 前回同様「道産」の無垢床を採用していますが
去年は「タモ材」の着色塗装 だったのに対し
今回は「カバ材」のクリア塗装 です

カバ材ってどんなの?
というと こんなの です

こちらは 私たちが打ち合わせで使っているサンプル材
いつもの棚の中の 陽が当たらないところに保管されています

そして 弊社打合せルームの床にはられているが こちら

あれ?色が違う・・・
と思われた方 多いと思います

そう!違うんです
比べてみると こんな感じ・・・

弊社打合せ室の 西陽が入る3Fの部屋にはられている床は
数年が経過し すっかり日焼けし いい感じで あめ色へと変化していくべく
育っている真っ最中♪
少しずつ 色が濃くなってきております

その中でも色の濃い部分 薄い部分 とありますが
これは元々 カバ材の特徴である 白っぽい部分とピンクっぽい部分の木目の違いで
写真のサンプル材は 白っぽい部分 にあたり
実際のカバは ピンクっぽい部分もあり それが 床の色の濃い部分です

無垢床の 良いところの一つは
やはり 風合い だと思いますが
この 風合いも 白い部分 ピンクの部分 節の部分 板目の部分 柾目の部分
など 色々あるからこそ
同じ床材でも その時その時で 全然違った床ができあがります

木目との出会いは 一期一会
同じ木目は ひとつもありません
今回のsococoは わりとピンクっぽい部分が多めで 白い床 というより桜色の床(?)
この床も 2~3年、そして5年、10年と経てば素敵な褐色に・・・
と思うと その変化する過程が楽しみです

モデルハウスですので オーナー様以外
そこまでの過程を楽しんでいただくのは難しいですが
吹抜sococoの床と 弊社3Fサンプルルームの床を比べていただくと
その変化の様子を想像して 私たちと同じように にんまり・・・?
ちょっぴり楽しい気持ちになっていただけるのではないでしょうか

オーナ様も 現在募集しておりますので 床の成長を一緒に楽しみたい方は
設計室までお問い合わせくださいませ