Recruit
採用情報

Person
先輩社員紹介

先輩社員紹介

工事部主任 川辺 祥平
東北大学工学部建築・社会環境工学科卒業

私の現在の仕事

私は、新築住宅の現場監督をしています。住宅の図面をもとに、それを実際に形にしていく仕事です。職人さんがスムーズに仕事ができるように準備やスケジュール・品質・コスト管理を同時に進めていきます。主任になってからは、社員の育成、社内検査の担当、周りの方へのアドバイスや提案も行っています。リーダーとして見本となる仕事ができるように日々奮闘しています。社内と社外の勤務時間の割合は5:5くらいです。1日のスケジュールは、建築の進み具合に合わせて自分で立てます。近年はIT化を積極的に行っていて、現場に行く回数や確認を取る回数が減り、さらに効率良く仕事を進められるようになりました。自分でスケジュール調整ができることも楽しさのひとつです。

三五工務店を志望した理由

きっかけはWEBサイトでした。まず、木をふんだんに使っているところが私の好きなイメージと合いました。同じパターンの住宅を建築し続けるより、それぞれのご家族に合う住宅を建築したいと思っていました。三五工務店の施工事例を見ると、お施主様のライフスタイルに合わせ、さまざまなタイプの住宅を建築していて、ひとつのパターンだけでなく、多くのことを学べる会社ではないかと思いました。実際に入社して、思っていた通りだと感じました。私は、よりいごこちのいい暮らしを提供できるように、家づくりに関わる最低限の知識だけでなく、新しい技術や考えを取り入れていきたいと考えているので、三五工務店の考え方とマッチしていました。

仕事の難しさ

現場は次々と進んでいるので、その時々に良い判断をしていかないと、余計な手間や時間がかかってしまいます。限られた工期と予算の中で、最高の家をつくるにはどう工夫していくか。今までの経験や熟練の職人さんの技術、周りの方からのアドバイス、そして会社の長い歴史の中で蓄積されたデータ、最新の技術などをフル稼働して監理していきます。最初は慣れるまで難しいと感じることもあると思いますが、同じ道を通ってきた先輩たちがフォローしてくれます。そこは暮らしづくりのプロ集団なので安心してください!

施工した住宅が北海道建築賞を受賞した感想

堀尾浩建築設計事務所様と初めての共同建築で、最初はいつもと勝手が違い難しいと感じることも多かったです。北海道建築賞を受賞したと伺って、関わらせていただけて運がよかったと思いました。ほかの企業が設計した住宅を建築することは、自分のスキルアップにもつながったと思います。その後、もう1軒一緒に建築を行いましたが、2度目ということもありスムーズにできました。私を現場監督として選任してくれた会社にも感謝しています。

自宅が完成した時の気持ち

28歳で札幌に来た時から、いずれは自宅を建築したいと考えていました。自宅は妻が設計、私が現場監理を行ったこだわりの家です。2020年5月に完工し、完成した時は思わず「やっと終わった」と言っていました(笑)。薪ストーブまわりと、家の裏手が山になっていて、そこの景色を家族で見るのがお気に入りです。

将来の夢

将来は一級建築士を取得したいです。また、リフォームや電気・水道の仕組みなど、暮らしづくりに関わることでまだ知らないことがあるのでそこの知識を深めていきたいです。何でもできるような人になりたいですね。

志望する方へメッセージ

価値観は人それぞれですが、たくさん経験を積みたいと考えている方や、三五工務店の想いや家が好きな方は特に楽しく仕事ができると思います。また、メンバーは個性的で優しい方が揃っています。自分の目標やチャレンジしたいという想いを達成できるよう、上司や会社が力になってくれますので、チャレンジしていくことが好きな方、私たちと一緒にキャリアアップしていきましょう!